『ジョン・ウィッチ』



cinema...1



映画音楽に初めてファンクの要素を持ち込んだ、
1971年の、『黒いジャガー』


同じく1971年公開の、はみ出し刑事の活躍を描き、
身代金を持って走るシーンや、走っているバスに、
飛び降りるシーンなどが、後のアクション作品に、
多大な影響を与えた『ダーティーハリー』など、
時代の節目には、シリーズ化されるアクション映画が流行するものだ。


その系譜を受け継ぐ作品になりそうなのが、
この秋公開の、キアヌ・リーブスが主演と製作総指揮を務める、
映画、『ジョン・ウィッチ』である。


伝説の殺し屋が、死んだ妻の忘れ形見である犬を、
ロシアン・マフィアに殺されたことから、
たった一人で復讐に乗り出す様は、クリント・イーストウッドや、
チャールズ・ブロンソンなどの、先人たちに勝るとも劣らない。


ハードボイルドアクションは、国産の作品は日本では、
あまりヒットしないというジンクスがある。


海外の作品にインスパイアされた、ハードボイルド作品は、
古今東西無数に存在するが、いずれもパッとせず、
人々の印象に残りにくいのが現状だ。


『ジョン・ウィッチ』の様な作品を劇場で観ると、
その違いが、歴然として分かる。


特殊技術はもちろんだが、作品を全世界の鑑賞に、
耐えうるものにするための脚本への、金の掛け方が決定的に違うのだ。


過去のアクション映画同様、『ジョン・ウィッチ』も、
シリーズ化される可能性が高い。


ストレートなハードボイルドアクションで気分をスカッとさせ、
明日の活力に繋げるのも一興ではないだろうか。





<<おすすめサイト>>


オンラインカジノスマホの日本語対応ソフト一覧!
オンラインカジノスマホが最近人気ですが、日本語対応ソフトは多くありません…
当サイトでは、信頼できる大手オンラインカジノスマホを、一覧でご紹介しております。
日本語対応ソフトであることから、クレジットカード入金にも対応しており….